新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う4月の開催について

コロナウイルス感染症により命を落としている皆様に心よりご冥福を申し上げます。
あわせて、感染症と戦っている皆様におかれましては、1日も早い快復をお祈り申し上げます。

さて、当ネットワークでは、昨今のコロナウイルス感染症が拡大する中、
子ども食堂への取り組みを見守ってきました。
北九州市においても、コロナウイルス感染者対策に対応していただいている子ども食堂の
開催については、サポートをしていただいてきました。
しかし、本日の北九州市コロナ対策本部では、コロナウイルス感染者が市内で急増している中、
学校の休校期間の延長や市民センターの利用中止にするなど、今まで以上に市民活動の自粛を要請する決定がなされました。
このようなことから、市内の子ども食堂においては、
特別に北九州市から活動の自粛を要請されているわけではありませんが、
コロナウイルス対策の徹底の難しさやボランティアが高齢者主体でもあり、
密閉、密着、密接という3密の状態にもなりやすいことから、
独自の判断で活動の自粛を決める団体が多くなって来ました。

つきましては、北九州市から発信される内容に注視しながら、
市内の子ども食堂の情報発信や開催を予定している子ども食堂のサポートをしていきたいと思います。

子ども食堂ネットワーク北九州事務局

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です